• ★11月の店長選抜キャンペーン!黒木、のあ、しおり、なおさん追加!5,000円OFFにてご案内!詳細はキャンペーンページへ!★
  • ★新人キャンペーン!みく、みなみ、みお、あすかさん追加!5,000円OFFにてご案内!詳細はキャンペーンページへ!★
  • ★10時~13時までモーニングキャンペーン!フリーでご来店のお客様は破格の10KOFF!130分 ⇒ 40Kでご案内致します!★
  • ★恋さんインタビューUP!「理性そのままに…攻めたいドMです♪」 続きはインタビューページにてCHECK!★
  • ★リアルタイムなスケジュール更新・利用しやすさ業界トップクラス!初めてのお客様にも安心してご利用頂いております★
Interview

INTERVIEW

インタビューです。

キャストプロフィールはこちら

インタビューア  キャスト

  • 小柄でスレンダーでEカップと、スタイル抜群! そして、童顔でロリ系でもあり、優しく包み込んで、守ってあげたくなっちゃうタイプ。そんな、ねねさんは、どうやらソープのお仕事を始めてから、エ○チの深さを知ったとのこと。お客さんから学ぶこともたくさんあるという一方で、男性が悶える姿を見るのも好きという一面もあるようですよ。
  • 休みの日のは、どんな風にすごしてるの?
  • 「映画を観たり、あとはわんこですね。うふふ。けっこうインドアなんですよね」
  • ほう。何匹飼っているの?
  • 「4匹です。うふふ。いっぱいで賑やかですよ」
  • 4匹! 大変だね~。
  • 「けっこう犬同士で遊んじゃうので、楽ですよ。逆にちょっと寂しいですけど。でも、家帰ったら、みんなが玄関迎えに来たりするので嬉しいですね。うふふ」
  • なるほどね~。あと、映画を観たりもすると。
  • 「そうですね。最近は、ちょっと観れてないんですけど、洋画も邦画もなんでも観ますよ」
  • ほう。感極まって泣いちゃったり?
  • 「うふふ。すぐ泣いちゃいます。最近は、ドラマを観ても泣いちゃいますね」
  • へ~。感受性が豊かなんだね。
  • 「けっこう普通にドラマとか、あとは動物系とか弱いですね」
  • うんうん。バラエティ番組でも感動することあるもんな~。
  • 「そうそう。ありますよね。泣きすぎちゃうので、ちょっと恥ずかしいんですよ。ほかの人と一緒には見れないですね。うふふ」
  • あ~、確かに。それにしても可愛いらしいな~。
  • 「えへへ。そうですか? 童顔って言われます。うふふ」
  • えくぼが可愛いし、肌も白いし。
  • 「うふふ。ありがとうございます」
  • お手入れしているの?
  • 「何もしてないんですよ。しないといけないんですけど。これからの季節は、日焼け止めくらいですかね」
  • へ~。身長もだけど、手も小っちゃくて綺麗。
  • 「うふふ。小っちゃいねとは言われますね。身長が151cmなので」
  • なるほど。でも、オッパイは大きいと。
  • 「うふふ。一応Eカップです」
  • 小顔だから、オッパイと顔が同じくらいに見えるもんな~。
  • 「あはは。それはちょっとヤバくないですか。うふふ」
  • エ○チに興味を持ったのはいつ頃?
  • 「中学生3年とか高校1年生とか、そのくらいですかね。何かきっかけがあったとかではないですけど、なんとなくですね」
  • へ~。
  • 「オ○ニーまでは最初はなかったですけど、テーブルの角にぶつけてるというか、当ててるってのはありましたね。それで変な感じになって、でもそれがなんなのかはわからなかったですけど。うふふ」
  • 女の子のそういうの可愛いな~。その頃、周りはエ○チの話をしたりして…。
  • 「中学生のときは、そんな話はかったんですよね。高校になって、いろんな学校の子と一緒になったら、ほとんどみんな初体験が早くって、周りに話を合わせるために、してないのに、してるよって言ったりして。周りの話だけ聞いて、頷いたりして。うふふ」
  • わかるな~。見え張っちゃうんだよな~。で、実際に初体験は?
  • 「私は、高校1年生ですね。夏休みじゃないかな。エ○チに興味を持ってから、少ししてくらいですかね。普通に付き合い始めた相手と」
  • ほう。どうだった?
  • 「痛かったですね。頭も下も痛くて…。下が痛いから逃げちゃって頭をぶつけて、だからどっちが痛いんだろう? みたいな。もうわけわからないですよね。うふふ」
  • あはは。やっぱり、初めてのときは、気持ち良さはないんだ。
  • 「そう、全然気持ち良いとかそんなことはなく…」
  • うんうん。じゃあ、気持ち良くなったのは?
  • 「回数を重ねてからなのかな。それから気が付けば気持ち良くなってきた感じかな」
  • ほう。気持ち良くなって来て、自分から積極的になったり?
  • 「その当時は、けっこうマグロでしたね。何をしたらいいかわからなくて。あんまり自分から行ってもハレンチかなって、その当時は。今となっては、自分から行きますけどね。うふふ」
  • あはは。いいね~。
  • 「自分から攻めとか積極的にするようになったのは、このお仕事始めてからかも知れない。それまでは、まぁね、若い頃ですからね。勃ったらもうすぐ入れるみたいなね。うふふ」
  • うんうん。入れるのがエ○チみたいな。
  • 「そうそう。うふふ。逆にこういうお仕事をして、えっ!? って思うことがいろいろありましたよ」
  • ほう。それはどんなこと?
  • 「前○が丁寧だったり。それまでは、前○もそこそこにって感じだったので。エ○チって、前○が楽しみってところもあるじゃないですか。そういうのを知ったのも、このお仕事をしてからですね。本当に」
  • なるほど。ねっとりと前○されたときは、えっ!? と思ったわけだ。
  • 「うふふ。逆に、もっともっとぉ~みたいな。もっとして欲しいぃ~みたいな。最初はびっくりしましたけど。うふふ」
  • いいね~。ソープを始めた頃は、攻めはできていた?
  • 「どうなんですかねぇ~。自分としては、頑張れてたかなとは思うけど、お客さんがどう思うかは。最初は、お姉さんにどうやるかを全部教えてもらったんですけど、Mットなんてびっくりしましたよ。女性のお股がグワンって来たので。えっ!? みたいな。あはは」
  • あはは。直視していいの!? って思うよね。
  • 「そう。あはは。でも、教えていただいているから、それどころじゃなく…」
  • うんうん。
  • 「Mットは、最初は全然上手くできなくて、滑ってばかりで。うふふ。痣だらけになって」
  • なるほど。でも、今では?
  • 「今は楽しくなりました。カラダが硬いので、ちょっとあたふたしながらですけど。うふふ。上手だねって言ってくださる方もいますけど、Mットは全然女の子によってやり方が違いますからね」
  • うんうん。じゃあ、ねねさんが得意なことは?
  • 「Mットでしかできない得意なことはありますけど、まぁ、ちょっと舐めたり触ったりするときに…」
  • ほう。
  • 「ちょっといろいろするんですよ。これ、お姉さんに教えてもらったんで、『必殺技よ』って言ってたんですけど…」
  • お~っ。じゃあ、企業秘密かな?
  • 「うふふ。来てのお楽しみです」
  • なるほど~。ちなみに、企業秘密を受けたお客さんの反応は?
  • 「やばそうですよね。イッちゃうってなっちゃう人もいますね。イカせはしないですけど。うふふ。ごくまれに、くすぐったいって人もいますけど。想像つかないですよね」
  • 気になるな~。じゃあ、お楽しみと言うことで。
  • 「そうですね。うふふ。Mットは好きなんです。こっちも気持ち良いので。やってるのか、やられてるのかわからなくなっちゃう。実は、後ろを向いているときとかに、遊んでるときがありますから。気持ち良くしているつもりが、自分が気持ち良くなってたり。よく大変そうって言われますけど、体重も乗っけちゃうので意外と辛くもなく…」
  • あ~、体重軽そうだもんな~。
  • 「そうでもないんじゃないかな。うふふ」
  • 攻め受けは、どっちが好き?
  • 「どっちも好きですよ。最初は比較的攻めることが多いかな。まぁ、そのときのお客さんの状況によって変わりますけど、基本的にMのお客さんが多いかな。で、お客さんが楽しくなって来たら、逆に攻めて来てくれたり」
  • うんうん。じゃあ、ねねさんにとって、攻めの楽しさとは?
  • 「反応されると、ここは? ここは? っていろいろ調べたくなりますよね。それは多分、男性もそうだと思うんですけど、楽しくなって時間を忘れちゃいますよね。うふふ」
  • 夢中になっちゃうよね~。
  • 「全身リップして、ポイントを探して行きますよね」
  • いいね~。悪戯っぽい顔で攻めてそう。
  • 「うふふ。かもしれないですね。悪戯っ子かもしれないですね」
  • こんな風に話しているときも悪戯したり?
  • 「どうかなぁ~。したりしなかったり。うふふ。休憩しているときは、けっこう腕枕してもらってるかもしれない。くっついているほうが好きなので」
  • いいね~。で、2回戦に突入したりと。
  • 「行っちゃうときもあれば、まぁ、さっぱりしようかってときもあるし、ときと場合によりけりで」
  • なるほど。じゃあ、攻めるときの流れは、どんな感じ?
  • 「けっこう、まちまちなんですけど…、まぁ、でもチュウから始まりますね。まずは奪って。うふふ」
  • あはは。奪うっていいね~。
  • 「うふふ。そして、ちょっと上から下までとか、まぁ、下から上のときもあるし」
  • 下からもいいな~。
  • 「いきなり、パクッ! でもいいかなって。うふふ。いきなりパクのときも全然あります。元気よすぎるときとか。あんまり、しぼんでいるときは、いきなり下に行っちゃっても仕方ないので、上からですけど…、チュウとかの時点でギンギンになってたら、ちょっとご挨拶しに行っちゃおうかなって。うふふ」
  • ほう。そこはジラさずと。
  • 「ジラさずにですね。ジラすのは、Mットに行ってからでいいかな。だって、最初にそんなにジラしたら大変でしょ。どうです? 男性目線で。うふふ」
  • うん。確かに大変かも。
  • 「それがいいときもあるかもしれないですけどね」
  • うんうん。でも、一刻も早く舐めて欲しいかな。
  • 「うふふ。そういうときもあると思うので、様子を見ていきなりパクのときもありますね」
  • いいね~。ちなみに、どこを攻めるのが得意?
  • 「でも、やっぱり息子さんと遊んでいるときが楽しいかな。うふふ。オッパイも好きですけど。比較的舐めるのが好きなほうかな」
  • いいね~。もしかして、舌が長いとか?
  • 「どうなんですかね。あんまりそれは言われたことないですね。(舌をベーっと出す)」
  • あ~、舌も綺麗!
  • 「うふふ、長いのかなと思って」
  • でも、長いかも。細いし。
  • 「そう。細いかも。あんまり比べたことはないですけど。うふふ」
  • ほう。その舌で一体どんなフ○ラを?
  • 「でもバキュームではないですね。なんか痛そうな気がしちゃって…。だからソフトなのかな」
  • コツはある?
  • 「もう全部舐めたいみたいな。裏だけじゃなく表も舐めたい。ぜぇ~んぶ。うふふ」
  • あはは。ぜぇ~んぶね。
  • 「そう。ぜぇ~んぶ。あはは」
  • いいね~。奥まではどう?
  • 「あんまり、奥までは苦手かな。大きくなっちゃうと全部は入らないかもしれないです。小っちゃいときは大丈夫ですけど」
  • 可愛らしい口しているしね。
  • 「うふふ。けっこうフ○ラとかは、お客さんに教えてもらうことが多いですね。それをほかのお客さんにも実践してみて、反応がよかったら取り入れて、よくなかったらお蔵入りみたいな」
  • ほう。それは、どんどん上手くなって行くだろうね。
  • 「上達しているといいですけどね。どうなんだろう…。上手いって言ってくださる方もいますけどね」
  • うんうん。じゃあ、その舌で乳首を攻めるときは?
  • 「まずは、周りから攻めて行って、手だったり舌だったりで、いきなりピンポイントは行かずに、乳首はわりとジラすかもしれない。ジラしてジラして、乳首に行くかと思ったら下に行ったり」
  • お~。一体、いつ乳首に?
  • 「下を舐めながら手で触ったり。タマを触りながらだったり、お尻のほうまで行っちゃってもいいし。で、今度は上がって舐めたり」
  • 性感帯は?
  • 「その日によって変わったりするんですよねぇ~。背中だったり、耳だったり」
  • あはは。耳の日もあるんだ。
  • 「耳は、いきなりくるとヤバいですね。うっ! ってなりながら、またそれがよかったりして。うふふ」
  • いいね~。あとは背中だったり。
  • 「背中だったり、お股だったり。わりとどこでも感じやすいかな」
  • ほう。強さはどう?
  • 「やっぱり、最初はソフトがいいですね。で、だんだん激しくてもいいですけど、いきなり激しいのは苦手かな」
  • ソフトから入って、もうちょっと強くして欲しいって思わせるくらいがいい?
  • 「それ、もっとしてぇ~って言いたいけど言えないですよね。もどかしいですよね。あはは」
  • あはは。恥ずかしくて言えない?
  • 「うふふ。恥ずかしい! まぁ、なんとなく察知してもらって、言っちゃうときもありますけど」
  • いいね~。言わせたいな~。攻めるときは、乳首をジラすって言ってたけど、同じようにされるのがいい?
  • 「あぁ~、そうかもしれないです。でも私、オッパイも好きですけど、もういきなり下でも…」
  • えっ?
  • 「もう、いきなりそっち行ってくれても全然。そこが1番好きなのかもしれません。ほかの場所はあとで来てくれてもいいですよ」
  • ほう。でも、いきなり下だと濡れてなかったりしない?
  • 「でも、私はけっこう濡れやすいと思います。チュウしているだけでも濡れているときありますよね。逆にびっくり。うふふ」
  • なるほど~。クリとナカは、どっち派?
  • 「クリ派なのかな。まぁ、でも両方でもいいですね。うふふ。どっちもいい」
  • クリは、どうするとイク?
  • 「どうなんでしょうね。自分だとわかるんですけどね。自分だと、手で、パンツの上で濡れて来たら、手を入れたりして」
  • クリの皮を剥いて。
  • 「どうなんだろう…。でも、広げてるので剥いてるのかな。自分でやったらすぐイキますよね。それもやっぱりソフトに。それで、だんだんと、イキそうになったらスピードアップして行って」
  • スピードアップは、力強くなっちゃいがちなんだよな~。
  • 「でも、そのときはもう、多少強くても大丈夫なんですよ。うふふ」
  • なるほど。勉強になるな~。指と舌はどっちが好き?
  • 「どっちも好きです。私はイクまでが時間かかるんですけど、イッちゃうと続けてイクんです。でも、そういうのは1番最後の時間がいいですよね。あんまり早いとね…」
  • うんうん。疲れちゃったりね。くすぐったくはならない?
  • 「なるけど…、私の場合はすぐに回復するので、気が付いたらまたイッちゃうみたいな。うふふ」
  • すごいな~。鍛えられてるんだね。
  • 「うふふ。どうなんですかね」
  • 連続イキは、以前から?
  • 「だんだんなのかなぁ…。自分でも試したことがあるんですよ、何回イケるかなみたいな」
  • ほう。何回だったの?
  • 「それが、途中から数えてなかったですね。結局。気持ち良くなっちゃって、もう何回でもいいやって。うふふ」
  • あはは。可愛いな~。じゃあ、10回とか?
  • 「そのくらいだと思います。ちょっとくすぐったかったら、少し間を空けて、そのあとまたイッて。もうイッちゃうと大変なので」
  • あはは。イクと何が変わるんだと思う?
  • 「何が変わるのかなぁ…。あはは。でも、イクことが絶対じゃないですよ。イカなくても変な話、気持ち良いのは気もち良いですから」
  • うんうん。クリでイッた後に入れたい! というわけじゃないと。
  • 「そうです。そうじゃないといけないってわけじゃないですよ。それはそれで別の楽しみがありますから」
  • そう言えば、ここのお店、部屋も綺麗だよね。
  • 「うん。内装が綺麗になって。どの部屋も綺麗ですよ」
  • 最近なの?
  • 「ちょっと前ですかね」
  • 白とブラウンに統一されていて。
  • 「ジェットバスも使えますよ。部屋は綺麗です。うふふ」
  • へ~。ジェットバスもあるんだ~。ちなみに、お風呂でしたりは?
  • 「舐めたりはしますけど…、でもしようと思えばできちゃいますよ。さすがにお湯に入っているときは、ダラ~ンてしちゃってる方が多いですけど。うふふ」
  • あはは。潜望鏡はあるけど、挿○まではないと。
  • 「でも、しようってなったらしちゃうかも。うふふ」
  • いいね~。ちなみに、好きな体○は?
  • 「私は、なんでも好きですよ。上でも下でもバ○クでも。いろいろ試してみたくなっちゃう。うふふ」
  • ほう。なかでも1番気持ち良いのは?
  • 「正○位かなぁ~、やっぱり。騎○位も楽しいですよね」
  • 騎○位、上手そうだな~。
  • 「うふふ。どうかな。騎○位もいろいろありますよね。くっついてたり起きてたり」
  • 小柄だし、駅○も多そう。
  • 「あぁ~、したこともありますけど、あんまりないかなぁ…。あったとしても、すぐに終わっちゃうかな。お客さんが疲れちゃうのか。あはは。あと、ちょっと恐いのもありますよね。するんですか?」
  • 個人的にはしちゃうんだよね~。
  • 「あはは。へ~。いいじゃないですか。私は、けっこうコロコロ体○を変えられるの好きですよ」
  • へ~。珍しいかもしれないな~。
  • 「うふふ。鏡が見えるような感じとかもいいですよね。ちょっと恥ずかしいんですけど」
  • なるほど。立ちバ○クとかね。
  • 「いいですねぇ~。普段、後ろだからお客さんの顔が見えないですけど、鏡だと見えたりして」
  • じゃあ、自分の顔を見てって言われたら?
  • 「ちょっと恥ずかしいけど、見て、もっと感じちゃうかもね。うふふ」
  • いいね~。興奮しちゃうんだ。
  • 「普段ないようなシチュエーションだと、興奮しますよね。あんまりやりすぎもムードが壊れちゃうかもしれないですけど、たまにちょこっとだったりすると、楽しいかも」
  • うんうん。
  • 「あと、バ○クも好きなんですよ。どちらかと言うと、私は下付きなので、バ○クのほうがいいときもありますね。正○位だと、逆に相手の形によっては入れづらかったりするので」
  • なるほど。ちなみに、入れたときに何か言われる?
  • 「あっ、狭いってよく言われますね。あとは、もしかしたらイッたときとか自然に動いてるかもしれないです。うふふ」
  • 変わったプレイはどう?
  • 「コスプレとかはありますね。持って来てくれて、着替えて、キャッキャ言いながら。コスプレは好きなので。うふふ」
  • いいね~。ちなみに、今までどんなコスプレを?
  • 「セーラー服が多いですね。あとブレザー。あと、透け透けの下着だったり」
  • 透け透けか~。エロいな~。
  • 「これ、布がちょっと少なくない? みたいな。うふふ」
  • スタイルがいいから、似合いそうだな~。
  • 「いやいや…」
  • あと、童顔だからセーラー服も似合いそう。
  • 「うふふ。なのかな。着たまましたりしますよ。着たままだと、やっぱり違いますよね」
  • 犯されてる感があったり。
  • 「うんうん! そういうのいいですねぇ~。うふふ」
  • あはは。
  • 「そういうのいいと思う。うふふ」
  • じゃあ、今後着てみたい衣装は?
  • 「全身タイツとか。真っ黒じゃないですよ。なんかボンテージみたいなのとか、まだそういうのはないですね。持って来てくださったら、喜んで着ちゃいますね。うふふ」
  • 私、変態かも? って思うことはある?
  • 「う~ん…、やっぱり悶えてるのを見て楽しんじゃったり。もっとやっちゃおうかなって」
  • お客さんの反応を楽しんでいると。
  • 「そうですね。うふふ。比較的、Mの方が多いので。なんとなく誘っても、そのまんまで攻めてくれなかったりもするので」
  • ほう。じゃあ、全く攻められない日もあったり?
  • 「全然ありますよ。逆もありますけど。なんで今日、こんなに集まったの? わかれてぇ~! みたいな。うふふ」
  • あはは。攻められっぱなしの日もあると。
  • 「のときもあれば、あれ今日はちょっとみたいな。まぁ、いいや、楽しんじゃおうみたいな。でも、どっちも好きですよ」
  • なるほど。でも、攻められない日もあるのは意外だな~。
  • 「そういうときって、帰ってからしたくなりますよね。うふふ」
  • お~。帰ってからムラムラしちゃうと。
  • 「しちゃうこともありますね。たっぷり攻めてもらえれば、もうぐっすり寝ようかなみたいな。うふふ」
  • ほう。じゃあ、けっこうお店で満足できているのかな?
  • 「そうですね。ここでいろいろ知れましたしね。まだまだいろいろ知りたいですけどね」
  • ちなみに、家でするときはアイテムを?
  • 「指ですね。あんまりアイテムを使うとね…。実際のエ○チでは、そんな動きはしないじゃないですか。アイテムを使わないとイケないカラダになっちゃったら、嫌なので。うふふ」
  • あはは。お店でイケなくなっちゃったら大変だもんね~。
  • 「うんうん。そう! うふふ。お客さんにイカせてもらうのが1番ですから」
  • お客さんにメッセージを。
  • 「普通にいろいろお話もしたいし、ゆっくりしてもらうのが1番いいですね。癒されたって思っていただきたいです。カラダだけじゃなく、気持ちも気持ち良くなってもらえたらいいなって思います。日頃のストレスなんて忘れて、楽しく遊びましょう♪」
  • 小動物みたいで可愛かったです。インタビュー中は、ねねさんの笑顔を見てはキュンキュンの繰り返し。思わず、小さくて綺麗な手で息子をさわられたら、幼女に触られているかのような錯覚を起こし、めっちゃ興奮するだろうな~と想像してしまいました。そんなロリキャラでもある、ねねさんですから、セーラー服のコスプレは間違いないはず! 反面、スタイルのよさから、エロくてセクシーなコスプレも納得です。さてさて、あなたならどうしますか? 【PLAYGIRL/スープ】

キャストプロフィールはこちら

ACCESS

AM9:00~LAST

東京都台東区千束4-43-10

詳しい送迎場所はこちらをクリック

吉原最後の高貴なソープランド、マンダリン




MAIL MAGAZINE
メールマガジン登録は無料です。
メール会員のお客様には、マンダリンのお得な情報を不定期でお届けいたします。
※18歳未満の方のお申し込みはお受けできません。

アドレスを入力し送信ボタンを押して下さい。

※半角英数字

登録  削除 

CONTACT
お名前
メールアドレス
ご意見/お問合せ