• ★11月の店長選抜キャンペーン!黒木、のあ、しおり、なおさん追加!5,000円OFFにてご案内!詳細はキャンペーンページへ!★
  • ★新人キャンペーン!みく、みなみ、みお、あすかさん追加!5,000円OFFにてご案内!詳細はキャンペーンページへ!★
  • ★10時~13時までモーニングキャンペーン!フリーでご来店のお客様は破格の10KOFF!130分 ⇒ 40Kでご案内致します!★
  • ★恋さんインタビューUP!「理性そのままに…攻めたいドMです♪」 続きはインタビューページにてCHECK!★
  • ★リアルタイムなスケジュール更新・利用しやすさ業界トップクラス!初めてのお客様にも安心してご利用頂いております★
Interview

INTERVIEW

インタビューです。

キャストプロフィールはこちら

インタビューア  キャスト

  • ハワイ大好き! ザ・ロコガール! とっても綺麗な小麦肌が魅力的な、真央さん。南国が大好きだと言うだけあって、性格も明るい。そして、その快活さはエ○チも同じく、情熱的なエ○チが大好きなんだそうですよ。
  • 綺麗な日焼けだね~。ザ・小麦肌って感じ。
  • 「うふふ。そうなんですよねぇ~。ついこの前、ハワイ行って来たので」
  • ハワイっ! いいね~! 羨ましいな~。
  • 「うふふ。私、ハワイが大好きなんですよね。年に1回は必ず行っちゃいますし、去年は3回も行っちゃいましたし」
  • そんなに! すごいな~。
  • 「ハワイ意外にも、南国だったらどこでも好きなんですけどね。バリとか、サイパンとかも行きますし」
  • なるほど。で、小麦肌と。
  • 「そうなんです。でも、元々は真っ白なんですよ。北海道出身なので」
  • へ~。確かに、肌質がきめ細かくて綺麗だよね。
  • 「うふふ。ありがとうございます。でも、ここ数年、南国にハマっちゃって、それでもう、年中真っ黒って感じになっちゃって」
  • あはは。じゃあ、ビキニラインもくっきり?
  • 「めちゃくちゃくっきりです。パンツのなかは、真っ白ですから。うふふ」
  • あはは。いいね~。個人的には、めちゃくちゃ好きだわ~。
  • 「うふふ。お客さんも、みんな『エロいわ~』って言ってくれますね。ソープの女の子って、小麦肌の子がいないみたいで、『この肌を見たくて会いに来たんだよね~』って言ってくれることもありますし」
  • いいね~。お客さんの気持ち、わかるわ~。
  • 「確かに、地黒の子と、日焼けの肌の色と、ちょっと違いますもんね」
  • うんうん。しかもそれが、もともとは色白となると、余計に綺麗なんだよね~。
  • 「あはは。記者さんも、けっこう好きなんですねぇ~」
  • 日焼け跡フェチかも! これは、同じ日焼けフェチのお客さんにもお勧めだわ!
  • 「うふふ。やったぁ~。もう、年中こんな感じですからね。と言うか、夏場になると、もっと焼いちゃいますから」
  • いいね~。ちなみに、どんなビキニラインなの?
  • 「基本、いつも同じ形のビキニ着てるので、日焼けの境目がくっきりって感じですよ。変にグラデーションになってないと言うか。そこはちゃんと、綺麗にライン作らなきゃって思ってるので、パンツがずれてないかとか、意識してるので」
  • お~っ。素晴らしい!
  • 「形で言うと、ブラジリアンカットって言うのかな。ブラジルビキニって感じの、けっこう食い込む感じの形なんですけどね」
  • お~っ! いいね~。けっこう、エロい形だ!
  • 「うふふ。そうです、そうです。ブラジル人が着てそうな、けっこう露出多めのね」
  • いいね~。ちなみに、お店での下着は?
  • 「お店では、Tバックなんですよね」
  • ほう。じゃあ、お尻は丸見えに?
  • 「はい。なので、お尻の日焼けラインが、くっきり出ちゃってて」
  • お~っ。これは…。想像してみると、お尻があって、下尻は黒くて、でも内側は白くて、Tバ○クがあって…。
  • 「あはは。なんか、変な感じになっちゃってるんですよね。お客さんに下着脱がされても、『あれ? まだ履いてるの?』なんて言われちゃったりしますし」
  • あはは。
  • 「なんか、お尻全部隠れるようなパンツ履いたほうがいいのかなぁ~とも思いつつ、よく考えたら私、Tバックしか持ってないんですよね」
  • なるほどね~。でも、日焼けフェチとしては、日焼け越しのTバックもエロく感じるけどな~。
  • 「うふふ。そう言ってくださるお客さんも多いですね。結局はもう、日焼けあとはなんでもエロいってところに落ち着くみたいで」
  • うんうん。共感しちゃうわ~。ちなみに、ブラは?
  • 「ブラは、ドレスによってその時々ですけど、してるときと、ノーブラのときと」
  • ほう。じゃあ、オッパイも白いラインがくっきりと…。
  • 「うふふ。そこに、乳首もチョコンってある感じで」
  • いいね~! 日焼けあと、最高だな~。
  • 「うふふ。ありがとうございます。ほんと、日焼けあとに興味あるお客さんは、ぜひぜひなんですよね」
  • でも、南国に行ったら何を?
  • 「ボ~ッとしてるのが好きなんです。読書したり、お酒飲んだり。あとは、大きい公園で、地元の子達と鬼ごっこしたり」
  • へ~。いろいろなんだね。
  • 「鬼ごっこ、おもしろいですよぉ~。鬼ごっこって、海外にはない遊びみたいで、それを教えてあげて、みんなでするんです。すると、すぐに地元の子供達とも仲良くなれて、また別の楽しみが増えるんですよね」
  • ほうほう。アクティブなんだね~。じゃあ、海に行ったりは?
  • 「あぁ~、海は行きますけど、泳ぎはしないですね。実は私、カナヅチなので」
  • へ~。全然泳げないの?
  • 「はい。全く。でも、海辺にいるのは好きなので、ビーチサイドにはいますけどね」
  • なるほどね~。でも、なんかいいな~。満喫してる感じ。
  • 「うふふ。ほんと、南国最高ですねぇ~。なんか、暖かいところにいると、気持ちが朗らかになるじゃないですか。寒いと、逆になんか、ショボ~ンってなっちゃうと言うか」
  • あ~、わかる。でも、北海道出身なんでしょ?
  • 「あはは。ですよねぇ~。だからなのかな。ないものねだりなのかなぁ…。うふふ」
  • あはは。じゃあ、将来は南国に移住かな?
  • 「実はそうなんです。ちょっと考えてるんですよね。英語も、英会話教室通って、少しづつ勉強してますし」
  • お~っ。本格的だね~。
  • 「この前、お客さんとそんな話してたら、お客さんが英語話せる人で、『じゃあ、英語のエ○チな言葉教えてあげようか?』って言って、ちょっと教えてもらったりもしてたんですよね」
  • あはは。興味あるな~。
  • 「うふふ。ですよね。さすがに、英会話教室で、エ○チのときにどんな感じなのかとか聞けないですもんねぇ~」
  • うんうん。
  • 「で、そのとき教えてもらったのは、イクって言うのは、I'm comingって言うんですって」
  • ほう。なんか聞いたことあるかも!
  • 「うふふ。日本語と比べると、逆な感じしますけどね。イク、じゃなくて、来るになっちゃうので」
  • あはは。確かに。
  • 「でもまぁ、絶頂がやって来るってことなんでしょうけどね。I'm coming~って」
  • あはは。ちなみに、そのとき、実際に使ったの?
  • 「言っちゃいました。でも、言ってすぐ、恥かしくって笑っちゃいましたけどね」
  • あはは。だよね~。
  • 「でも、そのお客さんはそう言った私に対して、英語で『今の、魅力的でエロくて可愛かったよ』って言ってくれたんですよね」
  • いいね~。英語でエ○チなんて、お洒落だな~。
  • 「うふふ。いいですよねぇ~。地方の子で、方言がある子とエ○チすると、お客さんは興奮するってよく聞きますけど、それと同じで、英語もありなんだろうなって思います」
  • うんうん。いいと思う。じゃあ、ほかのお客さんとのエ○チでも、I'm comingって言ってくれるの?
  • 「うふふ。いいですよぉ~。ちょっと照れちゃうかも知れないですけどねぇ~」
  • 明るい性格が、エ○チにると?
  • 「それは、やっぱりスイッチがあるんですよねぇ~。お客さんのエロさと言うか、ムラムラした感じを私も感じると、それで急にコロッと火照った感じになるんです」
  • ほう。お客さんのエロが伝染すると。
  • 「そうなんです。で、それが伝染すると、私のほうが一気に燃え上がっちゃって、大炎上って感じで」
  • いいね~。追い越しちゃうんだ。
  • 「うふふ。そうなんですよねぇ~。けっこう激しく、求めちゃうぅ~って感じになると言うか」
  • いいね~。南国系の乗りだね~。
  • 「そうですね。もう、いっぱい、いっぱい、楽しみましょうぉ~って感じで」
  • うんうん。じゃあ、逆にお客さんが奥手で、ムラムラをあまり出さなかったら?
  • 「そうなると、それを感じて、それで私に小さな火がついちゃうんです。で、それをお客さんにつけて、それでまた、それを私が感じで、私が大炎上ぉ~って感じで」
  • あはは。自分で火種作って、お客さん経由から、また自分に返って来ちゃうと。
  • 「うふふ。そうなんです。どちらにしろ、私が大きく燃え上がっちゃうんですよねぇ~」
  • おもしろいね~。ちなみに、その仕掛け方は?
  • 「まぁ~、仕掛け下手ではあるんですけど、じゃあ、Bッドに横になりますぅ~? みたいな感じで、ちょっとボディタッチしながら、触れ合いを始めるって感じですけどね。で、少しでも火がついてくれたら、それを私がまた感じるって感じで」
  • いいね~。じゃあ、理想は、お客さんから仕掛けてもらいたい?
  • 「そうですねぇ~。そのほうが、一気にドワ~っと燃え上がっちゃうかもしれないですね」
  • うんうん。どんな仕掛けがいい?
  • 「なんでもいいんですけどねぇ~。シンプルに、ムラムラした感じをぶつけて来てもらって、それでもう絡み合っちゃってって言うのも好きですし、あとは、個性的な部分を見せつけられて、わぁ~、それ、エロいですねぇ~っ! みたいに受け取るのも好きですし」
  • ほう。個性的って?
  • 「例えばですけど、この前、女性物の下着をつけて来たお客さんがいらっしゃったんです。それ見て、すごぉ~い、エロ~い! って思って、すっごい火がついちゃいましたね」
  • へ~。それは個性的だね~。
  • 「ですよね。で、なんかそういうのを感じると、最初は、おっ、すごぉ~い! って驚いて、状況を確認するような感じになるんですけど、それが頭の中で整理された瞬間に、あっ、この人のエロさ、めちゃくちゃ出てるっ、これ、すっごいエロいじゃん! って感じれて、それで私の火が燃え盛っちゃうって感じになるんですよね」
  • なるほどね~。
  • 「なのでまぁ、そういう下着のパターンは一例なんですけど、そうじゃなくても、いきなりガバッと来られる感じとかも、最初はちょっと、頭の中の整理に少し時間がいるんです。まぁ~、一瞬なんですけどね。で、そこからは、もう燃えちゃう~って回路に切り替わるんですよね」
  • うんうん。
  • 「そのぐらいの性欲を持って来てもらったほうが、私も結果として大興奮しちゃうので、ガバッと来て欲しい欲はあるんですよねぇ~」
  • そういうのがあって、本当のスイッチが入ると。
  • 「そうですね。そうなると、どうにでもなっちゃえ~っ! ってくらいにスイッチ入っちゃいますね。ドレスもすぐに脱ぎ捨てて、チョ~ディープにキスしちゃってって感じで、止まらなくなっちゃうんですよねぇ~」
  • お互いに火がついて、そこからは?
  • 「私も燃えてるんですけど、お客さんにはそれを感じてもらいながら、ムラムラした状態で、まずは攻めて来て欲しいですね」
  • うんうん。真央さんの熱は受けへ?
  • 「そうですね。最初は、して欲しいぃ~、して欲しいぃ~って燃え上がっちゃう感じなんです」
  • いいね~。じゃあ、どう攻めて欲しい?
  • 「気持ちは情熱的に、でも、タッチはソフトに。ジラして、ジラして。で、後半の肝心なときに、今までの情熱を、ドワ~ッと溢れ出させる様な感じにしてもらうのが、大好きですね」
  • お~っ。いいね~。順を追うと、どんな感じ?
  • 「えっと…、部屋に入って、ガバッと抱きつかれて、それで、そのまま抱きしめられたまま、Bッドまで来て、それで押し倒されてぇ…」
  • ほう! スタートからけっこう激しいね~。ジラしは?
  • 「あっ、ほんとですね。そうなっちゃってますね。でも、まぁ、そういう感じなんです。で、こんな展開のなかにも、行為の強さとして、ソフトにして、で、ジラして欲しいと言うか。シチュエーションだけは激しくって、でもタッチはソフトにと言うか」
  • なるほどね~。
  • 「うふふ。ややこしいですよね。なんか、表現を変えると、愛して欲しいんです。その愛情が、形的には激しくなっちゃってるけど、やっぱりそこには愛があって、優しさがあるって感じで。狼なんだけど、優しさがあると言うか」
  • ほう。
  • 「なので、まぁ、スタートのガバッていう感じがチョ~大事ってことでもなくて、優しくBッドに寝かせてくれるような感じでもいいんですけど、それなら逆に、内に秘めたる狼の部分を垣間見せてて欲しいなって思うんです。これから、どう私を愛してくれるんだろう? って、ワクワクした感じを感じさせて欲しいんです。そうすると、さらに私も燃えちゃって、エ○チな部分を引き出されちゃって行くと言うか」
  • なるほど~。
  • 「なんか、以前にこうされたっていう経験で言うと、ク○ニと指入れを同時にされてて、イキそうぉ~ってなったときに手を止められて、で、ちょっと落ち着いたら、また同時攻めされてぇ~って言うのを30分以上繰り返されたときがあったんです。それ、めちゃくちゃ興奮しちゃって、そのお客さん、刺激の加減はめちゃくちゃ優しいけど、狼だなぁ~って感じたんですよね」
  • なるほどね~。悪戯感や、弄ばれる感もあるといいと。
  • 「そうなんです。また、その加減がすっごい悪戯だったら、余計に感じちゃうんですよね。刺激の強さも、徐々に徐々に強くされて、あぁ~、このままだとイッちゃうぅ~! ってなるんですけど、そこで少し緩めるとか。それこそ手を止めるとか。もう、狼が兎を食べるのにいたぶってるって感じと言うか。そんなのをされちゃうと、もう、めちゃくちゃメロメロになっちゃうんですよね」
  • へ~。真央さんはMっぽいのかな?
  • 「そうなんですかねぇ~。私、自分ではそんなにMだとは思ってないんですけどねぇ~。でも、なんかこう、なぶられる感じは興奮しちゃうんですよねぇ~。挑発に弱いのかな…。これ、なんだろなぁ…。くそぅ~、こんなになぶられちゃってるぅ~って感じで、敗北感もあるんですけどね。でも、それがなんか、興奮しちゃってると言うか」
  • うんうん。で、そのときの寸止めの繰り返しの結果は?
  • 「その先が、またヤラれちゃったんですよねぇ~。なんか、何度もイキそうになっては止めを繰り返したあと、急にパッタリと動きを止められたんです。で、私が、あっ、交代して欲しいのかな? と思って、交代する? って言ったら、『このままで交代していいの?』って言われて、あっ、いや、あの…、ってなってたら、『ちゃんと言ってごらん。どうして欲しいの?』って言われたので、あの…、イカせて欲しいです…、って言わされちゃって」
  • いいね~。いたぶられてるね~。
  • 「ですよねぇ~。で、なんなのよぉ~っ! って思いながらも、なんかこれ、嫌じゃないって感じで。で、最終的にイカされたときに、もうめちゃくちゃ激しくイッちゃったんですよね。こんなに激しくイッたの初めてって感じで、ビックリしちゃって」
  • なるほどね~。それが、激しく攻められながらのジラしだ。
  • 「そうです、そうです、そうなんです。なので、ジラしって、ゆっくり、スローにってだけがジラしってわけじゃないんですよね。そういうのもジラしで、私はそういうのが好きなんですよね」
  • うんうん。
  • 「あと、こういうエ○チって、お店ならではのいい部分だなぁ~とも思いますね。もう、戦いと言うか、せめぎ合いですもんね。プライベートのエ○チだと、こんなやり取り、絶対ないですもんね」
  • 確かに。彼女を、そんな風にいたぶったりする彼氏はいないだろうしね。
  • 「ですよねぇ~。なので、そう言う意味でも、こういう展開は好きなんですよね。余計に、今、エ○チに全力出してるなぁ~って感じれるので」
  • うんうん。燃え上がって受けてますと。
  • 「そうなんです。なので、私の燃えてる気持ちが、最初は受けだからって消えてるわけじゃないんですよね。燃えながら、受けてるんですって感じなんです」
  • なるほど。で、そこからは?
  • 「そういうのがあってからは、私から攻め返したいですねぇ~。私からの攻めは、シルキータッチで攻めちゃいますね」
  • ほう。シルキータッチ?
  • 「なんて言うか、サワサワ~って感じで。フェザータッチってあると思うんですけど、それと同じような感じなのかな。 柔らかい、まさに絹で触れられてるようなイメージのタッチなんです」
  • いいね~。めちゃくちゃ気持ち良さそうだな~。
  • 「私もそれ、お客さんにしてもらって覚えたんですけどね。最初、私もされたときは、なんだこれ、くすぐったい! って思ったんです。めっちゃ鳥肌立ちましたし。でも、『これを我慢してると、めちゃくちゃ気持ち良くなって来るから』って言われて、しばらく我慢してたら、本当に気持ち良くなって来たんですよね」
  • へ~。じゃあ、最初はくすぐったいんだ。
  • 「そう感じる人も多いと思います。ほんと、サワサワ~って感じなので。でも、そこを耐えて欲しいんですよね。そうすると、めちゃくちゃ気持ち良くなっちゃいますから」
  • いいね~。
  • 「あとは、私、舐め好きっ子なので、けっこう舐めちゃいます。『こんなとこ、こんなに舐められたの初めてだよ~!』とか『その舐め方、ゾクゾクするわ~』とか、よく言われるんですよね」
  • ほう。ちなみに、どこを?
  • 「膝ですね。膝って、あんまり舐められないみたいで、みなさんビックリされるんですよね」
  • 確かに。Bッドでしょ?
  • 「そうですね。で、膝で反応よかったら、甘噛みとかもしちゃいますし。膝を甘噛みして、お客さんがビクンッてなったら、よっしゃ~、勝ったぁ~! って気持ちになるんです」
  • あはは。攻められた仕返し的な?
  • 「うふふ。そんな感じなんです。もう、やられた分、やり返してやりたいって気持ちはありますね」
  • うんうん。
  • 「で、その舐め攻めの続きで、たまぁ~にしちゃうのが、ちょっと四つん這いになってって言って、背中ペロペロ舐めたり、アナル舐めたりもしちゃうんですよね」
  • え~っ! 即Bッドでアナル舐め?
  • 「しちゃうときありますね。お客さんの、『えっ? 今、舐めちゃうの!?』って感じの驚きと、あとは、単純に舐められてのビクンッ、ビクンッていうリアクションが楽しくって。うふふ」
  • すごいな~。攻めも楽しんでるな~。
  • 「そうですね。攻めるのもけっこう楽しいです。フ○ラもいっぱいしちゃいますしね。私、自分で言うのもあれですけど、オッパイがそれなりにあるので、舐めてはパイズリして、また舐めてぇ~みたいなこともしちゃうんです」
  • いいね~。気持ち良さそう。ちなみに、フ○ラのこだわりは?
  • 「フ○ラは、吸い付くように、口の中のお肉が、オチ○チンに密着するように意識してますね。口の中が、ナカに感じてもらえるようにと言うか」
  • お~っ。吸着系なんだ。
  • 「うふふ。でも、優しさもありつつね。お客さんにも、『けっこう吸われたけど、めちゃくちゃ優しいフ○ラだわ~』って言ってもらえるんです」
  • いいね~。これは、フ○ラも期待しちゃうな~。
  • 「うふふ。まぁ、イカない程度にね。たっぷり舐めちゃいますよぉ~! あんまり刺激しすぎしちゃうと、みなさん『たんま、たんまっ!』ってなりますからね。たまぁ~に、悪戯に手コキとかもしちゃうと、みんなヒーヒー言ったったりして。うふふ」
  • それはたまらないだろうな~。じゃあ、好きな体○は?
  • 「私、寝バ○クが好きなんですよねぇ~。なので、できれば寝バ○クはして欲しいです」
  • ほう。それは、いきなりの寝バ○クでも?
  • 「あはは。いきなりじゃなくっていいですよぉ~。最終的にはで大丈夫です。最初は、騎○位でいいのかな。どっちかと言うと、最初は自分から乗っかっちゃうことが多いですかね」
  • ほう。上になりたい?
  • 「そうですね。最初は。で、お客さんにいっぱい感じてもらって、そこから逆襲を受けたいんです」
  • なるほど。反撃を求めてと。
  • 「うふふ。そうですね。で、騎○位から正○位になったり、バ○クになったりして…、それで、最後に寝バ○クになるのが嬉しいですね」
  • ちなみに、寝バ○クが1番好きな理由は?
  • 「それは単純に、ナカの入り具合ですかね。たぶん私、下付きなのかな。だから、バ○クからのほうがいい感じに入るんですよね。で、寝バ○クが、それよりももっとって感じで」
  • なるほど。じゃあ、フィニッシュは?
  • 「フィニッシュも、寝バ○クでイッてもらうのが気持ち良いですねぇ~。上に乗っかられて、抱き付かれるような感じで、密着してもらいながらイッて欲しいです」
  • 今後、してみたいことは?
  • 「なんか、まだまだ知らない世界がいろいろあるなぁ~って最近思ってて、ちょっと、拘束系とか、そういうエ○チしてみたいですね。うふふ」
  • ほう。経験は?
  • 「全然ないんです。なので、興味って感じで。あとは、ちまたにも、エ○チなお店あるがあるって聞いて。なんか、なんとかバーって言うんでしたっけ?」
  • もしかして、ハプニングバー?
  • 「あ~、そうです、そうです。そういうのにも、すっごい興味あるんですよね。なんか、知らない世界って感じで。行ったらちょっと、ビビっちゃうかも知れないですけど、もしかしたらハマっちゃうんじゃないかとかも思っちゃったり」
  • うんうん。
  • 「たぶん私、1度ハマッたら、けっこうハマッちゃうタイプなんですよねぇ~。なので、そういうのに詳しいお客さんいたら、いろいろ教えて欲しいですね。うふふ」
  • 読者にメッセージを。
  • 「時間いっぱい、一緒に楽しい時間を過ごしましょうぉ~! あっ、あと、しっかり癒しますからねぇ~♪ うふふ」
  • とにかく、小麦色の美肌はチョ~魅力的。インタビューでは、日焼け加減に終始しましたが、そもそもで綺麗な肌質にも注目です。美肌を眺めるもよし、エ○チでその極め細かさを堪能するもよし。そして、悪戯に攻められれば攻められるほど、そのあとの攻め返しが白熱しちゃいます。ぜひぜひ、最初は攻めて、そのお返しを期待しちゃってくださいな。【PLAYGIRL/ビリケン】

キャストプロフィールはこちら

ACCESS

AM9:00~LAST

東京都台東区千束4-43-10

詳しい送迎場所はこちらをクリック

吉原最後の高貴なソープランド、マンダリン




MAIL MAGAZINE
メールマガジン登録は無料です。
メール会員のお客様には、マンダリンのお得な情報を不定期でお届けいたします。
※18歳未満の方のお申し込みはお受けできません。

アドレスを入力し送信ボタンを押して下さい。

※半角英数字

登録  削除 

CONTACT
お名前
メールアドレス
ご意見/お問合せ